06.06(Mon) 14:30-16:10 Forum 1-K

人材育成研究会「高専教育の今、相互理解を深めよう in 中部」

モノづくり日本会議 高専セミナー

Outline

Event time 2024.06.06(Mon) 14:30~16:10
title 人材育成研究会「高専教育の今、相互理解を深めよう in 中部」
Company / Organization Name モノづくり日本会議 高専セミナー
Venue Exhibitor Seminar (Capacity100people)

Speaker

沼津工業高等専門学校  電子制御工学科 
准教授
青木 悠祐

鈴鹿工業高等専門学校 電子情報工学科
准教授
板谷 年也

豊田工業高等専門学校 情報工学科
准教授
都築 啓太

国立高等専門学校機構
理事長特別補佐
本江 哲行

近年、多くのモノづくり企業が「高専生」に熱い視線を注いでいます。高専生が身につけた専門的で高度な技術力だけでなく、在学中に培われる発想力や思考力、実行力、そしてその素養に期待が高まっています。高専教育を主導する国立高専機構のほか、沼津高専、豊田高専、鈴鹿高専から最前線で活動する准教授らをスピーカーに迎え、 「令和時代のエンジニアの育て方」そして「新型コロナや能登半島地震発生時などリスク対応」の2テーマを糸口に、最新の高専教育を紹介します。


Q&Aセッションで聞きたい質問を受け付けます!(Microsoft Formsへ遷移します)


<プログラム>
主催者あいさつ  (14:30~14:35)
日刊工業新聞社 モノづくり日本会議実行委員会
部長 名取 貴

(1部) 高専の准教授が語る、 令和時代のエンジニアの育て方 (14:35~15:20)
1. 鈴鹿工業高等専門学校 電子情報工学科
 准教授 板谷 年也先生
2. 豊田工業高等専門学校 情報工学科
 准教授 都築 啓太先生
3.沼津工業高等専門学校 電子制御工学科
 准教授 青木 悠祐先生
<休憩>15:20~15:30ごろ

(2部) リスクをどう乗り越えるか
  ーコロナ禍、能登半島地震を経て、学校現場からのレポート  (15:30~16:15)
◆写真スライドトーク (能登半島地震の現場から) (15:30~15:45)
国立高等専門学校機構 理事長特別補佐 本江 哲行先生

◆Q&Aセッション(15:45~16:15)
・鈴鹿工業高等専門学校 電子情報工学科 准教授 板谷年也先生
・豊田工業高等専門学校 情報工学科 准教授 都築 啓太先生
・沼津工業高等専門学校 電子制御工学科 准教授 青木 悠祐先生
ゲスト:国立高等専門学校機構 理事長特別補佐 本江 哲行先生
司 会:日刊工業新聞社 総合企画部 部長 篠瀬 祥子
    モノづくり日本会議実行委員会 大川 武輝

終了後に講師の先生とお名刺交換のネットワーキングの時間を設けております。